【0歳・1歳】夏のあせも対策とスキンケアについて。その他日々気を付けることは?

こんにちは!ブログ「ままはぴー」管理人のひぃやです。

乳幼児を育てていて、夏になると気になるのがなんといっても「あせも」ですよね~!!

 

 

我が家の息子は肌が弱めです。

アトピーやアレルギーではありませんが、すぐに肌の至る所がぽつぽつしたり、カサカサしたりしています。

 

乳児湿疹はひどい方の部類に入り、新生児の頃から1歳3か月になったいまでも、小児科医や助産師、皮膚科医とありとあらゆる医療機関の専門の方々から「湿疹ができやすい子なのね~!」と口をそろえて言われてきました。

 

乳児湿疹の時のお話▼

ひどい乳児湿疹で母は辛かった話①湿疹までの経緯や状態・小児科の診断・失敗&成功ホームケアを紹介

 

昨年は息子が生まれて間もなく、乳児湿疹があまりにひどかったので、それ以降息子のスキンケアにはかなり慎重に、そして力を入れてケアをしてきました。

 

そのおかげもあってか、0歳児の夏、そして1歳になった今年の夏もいまのところあせも0です!!

 

ボク、サラサラ美肌ダヨ~!♡

 

「肌が弱いとは思えない!!」と息子の肌のことや乳児湿疹のことを友人に話すと驚かれるくらい、今はとっても綺麗なお肌です♡♡(お部屋が散らかっていてごめんなさいw;;)

 

今日は、そんな私の息子への夏のスキンケアや日々の生活の中で気を付けていることを紹介します!!

 

夏のあせも対策とスキンケア。日々気を付けることって??

その① こまめに汗を流すこと

月並みですが、これ、すっごく大切です。

 

我が家は夏になってから朝食後(朝のスキンケアの前)日中のお出かけ後にはほぼ息子を浴室へ連れていき、シャワーでジャーっとからだ全体と頭・顔まで流しています。

 

息子、夜寝ているときやお出かけで外にでると、必ずと言っていいほど後頭部に汗をかくんです。

それはもう、髪が水浴びしたんじゃないかってほどにかきます。

それを乾いたからと放置しておくとあせもの原因になるので、ここは面倒がらずにしっかり全身シャワーで流してあげます。

 

ちなみにこの時のシャワーは35~37℃くらいのお湯で流すのみです!!

毎度泡で洗ってしまうと、今度は乾燥の原因になってしまうので朝から日中にかけての汗を流すシャワーはお湯のみにしていますよ~!!

 

 

ちなみに私の個人的な意見ですが、家にいるときに水で濡らしたガーゼで汗を拭きとるということはあんまりしません。

 

というのも、ガーゼやタオルで拭いてあげても拭ききれない部分も出てくるでしょうし、何度も拭き取ることで無駄に肌に摩擦や刺激を与えたくないんです。

 

とは言っても、外出時に汗をかいた時にはハンドタオルで頻繁に汗をぬぐってあげます。

でも家にいてシャワーが使える環境に身を置いているときにはガーゼやタオルで拭き取るよりもシャワーでジャーっと流しちゃいますね~。

その方がしっかり汗も流せて、子どももすっきりするんじゃないかな~と思っています!

あくまでも私個人の意見ですがね!!^^

 

 

余談ですが、あせも対策に「自宅でのプール」もとっても良いと思っています!!

水遊びは汗をかいてもお水で自然に流してくれますし、プールから出た後に身体を温める目的でお風呂にも入るので、子どもも楽しみながらあせも対策ができる遊びです♪

 

夏の晴れた日にはレジャーの他にもプールで楽しむのも良いですね♡

 

その② おむつ替えもこまめに

夏場はおむつ替えもこまめにします!!「●●時間さらさら吸収!」と色んなおむつメーカーでうたわれていますが、それでも夏は尿や汗でおむつ内が蒸れる可能性が十分にあります!!

 

熱中症予防のために、水分も多くとらせる親御さんも多いの思うので、その分おむつにも気をつかってあげたいなと思っています。

 

ちなみにみなさんはどちらのおむつメーカーを使っていますか??

 

我が家はずーっと「メリーズ」です!!

もう、メリーズ一筋♡

 

息子がまだ新生児だったころ、乳児湿疹ができた時にちょうどおむつかぶれも少ししていたんですね。

それで誕生直後っていろんなおむつメーカーの試供品をいただきますよね?それで頂いたものをすべて試したんですが、個人的にはメリーズが一番よくって。

 

いつおむつ替えしても、息子のおしりがさらさらなんです!

毎度おむつ替えの時に息子のおしりを触っては感動していました(笑)。おむつ自体の肌触りも柔らかくって、メリーズにしてからほぼ、おむつかぶれしていないんです!!

 

肌が弱い息子なので、おむつはちょっと値段が張っても息子の肌に負担のないものを選びたいと思ってそれからはずっとメリーズです^^

 

もしお肌が弱めでおむつかぶれも頻繁にして困っているって方がいたら、一度メリーズをためしてもらいたいなぁと思います。個人的にはとってもおすすめです!!

 

 

 

その③ 夕方のお風呂では泡でしっかり洗うこと

夕方のお風呂タイムでは、しっかり泡立てて全身を洗ってください。

もしお肌が弱めのお子さんでしたら、ドルチボーレのボディソープがおすすめです♡

赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》

赤ちゃんのお肌を考えぬいた、優しいベビーソープなんです♡(ちなみにパッケージもシンプルでオシャレですよね♡)
ポンプ式なので泡が作られた状態で出てきますし、これで頭から体まで全身洗えます^^

 

あせもができやすい部分は、頭・おでこ・鼻・首元・腕や足のくびれ部分・背中・お尻ともう全身広範囲にあります!!

ですので、お風呂の際にはそうしたあせものできやすい部分は特に念入りに、親御さんの指の腹で優しく泡で洗ってあげてくださいね^^

 

その④ スキンケアでばっちり対策!!

我が家では、朝のシャワー後とお風呂上りの1日2回、息子にスキンケアをしています。

 

夏の季節になると必ず登場するのが、「ももの葉ローション」です!!

 

宇津救命丸さんの桃の葉ローションは、化粧水のようなさっぱりとしたお水タイプのローションなので、お顔に全身にバシャバシャ使えます。

 

息子だけでなく、私や夫も使っていますが、夏はこのバシャバシャ感が気持ちいいですよ~!!

 

我が家は今年はピジョンさんの桃の葉ローションも使っていますが、こちらはジェルタイプです。

 

宇津救命丸さんのものに比べると、少ししっとり感が増すような、、??

上にあげた2つのももの葉ローションは、いづれも「グリチルリチン酸ジカリウム」という成分が入っています。(ここからコスメ会社経験のhiyaが顔を出しますよっと)

 

この「グリチルリチン酸ジカリウム」って、いわゆる「抗炎症作用」の役割があるんです。

 

なので肌にあせもやかゆみ・赤みができてお肌が炎症を起こしている状態を沈めてくれたり、あせもだけでなくでもニキビやふきでものができた部分に塗ると、その炎症を抑えてくれたりする働きをもっているんです。

 

私自身若い時から結構ニキビができやすい肌だったので、基礎化粧品を選ぶときには必ずこの「グリチルリチン酸ジカリウム」が入っているものを選んでいました。そのくらい私にとっては馴染み深く信頼している成分です♡

 

ですので、あせもの予防という面で「グリチルリチン酸ジカリウム」は本当に心強い成分なんです。

 

お値段も1000円しないプチプラ価格なので、惜しみなくじゃばじゃば全身に使っています!!

 

 

そしてその後に保湿目的で使用するのが「アロベビーミルクローション」です!

 

「アロベビーなくして息子の美肌は作れない!!」と本気で思うほどにアロベビーにはお世話になっています。

新生児の頃には酷い乳児湿疹を救ってくれたし、毎日のスキンケアでもかかせず、いまでは私と夫も一緒に愛用しています。

 

新生児から保湿ケアは必要です!私がアロベビー(alobaby)を神アイテムとして支持し続ける理由

 

その⑤ 室内の空調管理も大切

夏場、家の中にいるときにはほぼずっとクーラーを付けて、汗をかかない快適な環境づくりをしています。

エアコン代が少々(いや、大きく?)痛いところですが、子供が暑い部屋で苦しそうにしたり、汗でべたべたして気持ち悪そうにしたり、室内で熱中症になってしまうことの方がよっぼど心が痛いです。

ただ、冷風がお子さんに直接当たらないように注意しましょう。

 

その他にも家の中では吸収性のよい綿素材などを用いた肌着や洋服を着て過ごすようにすると、あせもにもなりにくいと思います。

我が家はもっぱらユニクロのコットンメッシュインナーボディです!!

(あぁ、また散らかっている写真をすみません。。)

 

メッシュ素材なので通気性が高く、汗をかいてもわりとサラリとしています^^

家にいるときには半そでのコットンメッシュインナーボディを、外出時にはタンクトップタイプのものを下着に着せています。

 

 

それでもあせもになっちゃたら、、??

どんなに沢山対策をしつくしても、ちょっとした出来事であっけなくあせもができてしまうことがありますよね。

もしあせもになってしまったら、小児科へ受診されることをおすすめします。

もしもあせもが痒くてお子さんが辛そうならば、自宅で様子をみるよりも小児科の先生に診てもらって適切な薬を処方してもらうほうが安心ですよね。

ただ、やむを得ずの理由や医療機関の診察時間外などで受診できないときもあると思うので、そういった場合にはあせもやかぶれの市販薬などもありますのでそうしたものを使われても良いと思います。

 

 

我が家の夏のあせも対策とスキンケア、日々気を付けていることについての記事は以上です!

みなさんのお子さんが肌トラブルなく今年の夏も快適に気持ちよく楽しく過ごせますように!!

 

 

《新生児から使える》オススメしたい息子が0歳の頃から愛用の日焼け止め『アロベビーUV&アウトドアミスト』

 

5 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です