▶出産準備・子育てグッズのおススメまとめ◎

マイホーム購入時に譲れない条件はありますか?購入価格はどう計算する?家探しの第一歩はどう動く?

こんにちは!ひぃやです。

マイホームネタ、第4弾です!
マイホームに関する記事

 

今回は

「我が家が家を購入する時に絶対譲れなかった条件」

や実際に家を購入するに当たって

「家の購入金額の目安はどのように出したのか」

そして

「家探しを始めるにあたって実際どう動いたのか」

という3点についてお話ししたいとおもいます!

 

わがやが家を購入する際に絶対に譲れなかった条件

我が家が夫と私、それぞれが家を購入する際にどうしても譲れない条件がありました!

具体的にどのような点で譲れなかったのか、箇条書きにして説明します。

読んでいただけたら、これから家を検討される読者さんの家探しの条件として新たな発見があるかもしれません^^ぜひご覧ください。

それではまずは夫の譲れない条件から行きましょう。

夫が譲れなかった条件

★一戸建て
・2階建て
・4LDK以上
・1階にはLDKの他にもう一部屋必須(和室でも洋室でも可)
・駐車場スペース2台

夫はとにかくマンションよりも一戸建てを希望していました。

マンションだと天井の高さや部屋や廊下の大きさを見てもなんだか閉鎖的に感じるんだそう。

 

そして戸建てで2階建て、間取りは4LDK以上で1階部分はリビングの他にもう1部屋必須、駐車場は2台、とかなり細かい条件がありました(笑)。

 

というのもすべて理由がありまして。

 

夫は地方の長男ですので、これから先いつか年老いた両親のどちらかが一人になった際に、その親が希望すれば同居することも考えての条件なんです。(もちろん私もそれには賛成。)

 

3階建ての戸建てとなると、大体1階に1部屋、2階がLDK、3階に2部屋のまどりが多いですよね?

 

そうすると将来的に夫の親が生活する部屋が1階か3階になり、食事の度に階段を上り下りする負担がでてしまうから避けたいなと。

 

でも4LDK以上の2階建てであれば、1階にLDKともう1部屋、2階に3部屋の間取りになることが多いので、1階リビングの他のもう1部屋は客間として、将来的には夫のどちらかの親が使える部屋として使い、そして2階部分は夫と私の寝室と、こども2人分のそれぞれの部屋に振り分けができるので最良だという狙いがありました。(我が家の子ども計画は2人です)

 

駐車場2台というのも、私たちファミリーの分と、いずれ夫の親が停められるようにというので考えたものです。

 

正直この話を聞いて、夫の親との同居なんて何年後だよ?!っていうか同居するかも分からなくない?!とツッコみたくなりますよね?!(笑)

はい、私もかつてそう思いました(笑)

 

その時のライフスタイルに合わせて家を売ったり買いなおしたりしたらいいんじゃないかと思うんですよね。

 

でも実際夫の出した条件の家ならば、たとえ同居がなかったとしても、夫の親が将来的に住めるスペースは客間として利用できますし、実際現在そのスペースは息子用の室内ジャングルジムがどどーんと置かれていて立派なキッズルームになっています(笑)。

 

もしかしたらいつかは私の仕事部屋になるかも?!なんて密かに狙ってもいます(笑)

 

なので今では部屋がある分には問題なしで、その時その時で活用方法を変えて使えるのはいいことなのかなと思っています。買い替えしなければ引っ越しの手間もないですしね(笑)。

 

駐車場スペースが2台あるおかげでお友達が駅遠な我が家に車で遊びにくることが可能なのも◎です^^

 

続いて私の譲れない条件についてお話します。

私が譲れなかった条件

★住む土地
・治安の良さ
・夫が通勤に苦労しない場所
・子育てのしやすさ(子育て広場・公園・道の広さなど)
・アクセスの便利さ
・スーパー・コンビニ・ドラッグストアが徒歩圏内にある

です。

私はマンションでも戸建でも、2LDKでも3LDKでも正直住む家自体はなんでも良かったんです。

 

なによりも大事なのは住む場所でした。

その中でもまずは夫の職場から近い場所、というのが何よりも最優先でした。

 

通勤時間の長さって会社へのストレスと比例するんですよね。だから通勤に苦労しない場所を選びました。

マイホームを購入し、現在夫の通勤は自転車(クロスバイク)で20分です。

朝8時に家を出て、17時45分に帰宅します。

 

夫も通勤ストレスがないと言っていますし、この時間サイクルのおかげで平日も家事に育児にめちゃめちゃ時間を使ってくれます。

 

これは夫にとっても私にとってもこどもにとってもメリットだらけでした^^

 

その次に優先したのが、安らかな気持ちで子育てがしやすい場所ということ。

我が家は夫も私も実家が遠く、気軽に子どもを預けたり手助けしてもらうことができません。

 

なので子どもを育てる上で治安の良さはもちろん、外に子どもを遊ばせられる施設が充実している場所(子育て広場や公園など)があると子どもにとって色んな遊びのバリエーションが増えて良いなという思いがありました。

 

その他にも私は車を運転できないので、なにか買い忘れた際にふらっと買い物に行ける距離にスーパーやドラッグストア、コンビニがあるのも大切な点でした。

 

そして、夫と私が共通して譲れなかった条件があります。

夫と私の共通の条件

★家の購入価格

 

です。

家探しを考え始めた当初、家の購入価格はどのくらいに設定したら良いのか、頭金はいくら用意したら良いのか全然わからず、その「分からない」という不安からなかなか家探しに一歩踏み出せない状況をうんでいました。

 

ここで今回私たちが購入金額の目安をどのようにして決めたのか説明します。

 

購入金額の目安はどのように決めたのか

率直にいいますと、購入金額の目安は不動産屋さんに相談しました。

 

我が家の場合は2つの不動産屋さんにお世話になりましたが、1つ目の不動産屋さんの場合はその営業さんが、2つ目の不動産屋さんの場合は、専属のFP(ファイナンシャルプランナー)さんが購入金額の目安を割り出してくれました。

 

ちなみにどちらも購入金額の目安は同じくらいの値段でしたね~。

 

特に2つ目のFPさんへ相談した時には、我が家の現在の「収入」と「支出」、「貯金」と「夫の職業」を伝えて、そこから計算して「おそらく銀行が融資してくれるであろうMAXの金額」と、「その金額の中から自分たちが家を購入しても後々家計が苦しくならない金額」、そして「夫が定年退職時にローンを繰り越し返済するための毎月の貯金予定」まで出してくれました。

 

本当にお見事です。

私たち夫婦だけでは絶対に計算できなかったでしょう。

私自身もこの相談をしたことでお金を向き合うことの大切さを勉強させてもらいました。

 

悩まれている方や、私のように不安に感じて家探しの一歩が踏み出せない方は、その旨不動産屋さんに相談してみてください。

でも、一体どこの不動産屋さんを選んだらいいのだろう、、と悩む方もいますよね??

次の章で、実際に私たちが不動産やさんを選んだ方法について伝えたいと思います。

 

家探し、さあどう動こう?!

まずは不動産屋さんへ足を運んでみるのが大きな一歩になります。

我が家は家探しをするにあたって2つの不動産屋さんにお世話になったと書きました。

 

1つ目はポラス(POLUS)さんです。

 

ポラスといったら浦和レッズのスポンサーさんですよね!

埼玉県で家探しをする方は、まず目にとめておいて間違いない不動産屋さんです。

我が家がどうして始めにポラスを選んだのかというと、すでに家を購入している夫の職場の上司たちの評判が良かったからなんです。

購入したいと思うエリアに根付いた企業で、なおかつ身近な人たちの評価が良いということが決め手になりました。

 

ポラスの新築分譲戸建ての家はどれもデザイン性があふれていてとてもおしゃれです。

埼玉県内を歩いていて、あ、おしゃれな住宅街だなぁ~と思うと大抵ポラスです(笑)。本当にそのくらいポラスさんは分譲建売住宅でもデザインが素敵です。

デザイン性がある分、値段は他社の建売物件に比べて少し上がる傾向にありますが、素敵なおうちに住めるというのは特に女性にとっては最高ですよね(笑)♡

我が家の場合は、住みたい土地・住居の間取り・価格の譲れない条件を予め決めていたため、ポラスさんでは残念ながら我が家の条件に合う物件が見つからず断念する形となりましたが、それでもポラスさんの営業さんには購入価格の目安を出していただいたり、家探しのヒントになる情報を惜しみなく熱心に教えて頂いたので本当に感謝しています。

営業さんはとってもフレンドリーで押しも強くなく、気持ちよく沢山の物件を見せてもらいました。

埼玉県内で家探しをされる方には本当におすすめしたい不動産屋さんです^^

 

そして2つ目の不動産屋さんは東宝ハウスさんです。

東宝ハウスさんは不動産仲介業者さんですので、本当に沢山のハウスメーカーの住宅やマンションを扱っています。

ここは実はネットで検索して見つけた業者さんなんです。

え、ここ、めちゃめちゃ沢山物件扱ってるな、と正直に思いました。

我が家の譲れない条件「住みたい土地」・「住居の間取り」・「価格」の3拍子が揃った建売戸建て物件ってなかなかなくて探すのに苦労していたんですが、東宝ハウスさんのサイトでは見合う物件がちらほらと有りまして。

もしかしたらサイトに未掲載の物件で条件に見合うものがもっとあるんじゃないかと思ってネットで会員登録をしたことがきっかけでした。

特に知り合いの口コミがあったわけではなかったので始めはこの会社、大丈夫なんだろうかと不安にも思っていたんです。

でも会員登録後にすぐ営業さんから連絡があったんですが、その時私出産間近でして。

「産後落ち着いたらまた具体的に動きたい」と話したところ、快く応じてくれました。

それまでにしつこい勧誘電話があったりDMがあったり、ということも一切なく、本当にこちらから連絡するまで待っているというスタンスで(営業さんもきっと忙しいというのもあると思いますが)、こちらにとってもそれはすごく都合が良かったんですよね。

担当になった営業さんも営業課長さんも、私の想像していた「バリバリ不動産営業マン」とは違ってものすごく物腰の柔らかい方で、そういう点でも安心していろんな面で相談できたのが良かったです。

ここは休日になると打ち合わせルームが沢山の子連れ家族でいっぱいになるので、そうしたにぎやかな雰囲気も素敵でした。

また、東宝ハウスでは専属のFPさんがいるので、その方にお金や保険の相談など家ローンから家計全般についてなんでも何度でも、無料で相談できる制度がすごく良かったです。

 

探しに探した結果、すべての条件を満たした物件を東宝ハウスさん見つけて購入することができました!

専属のFPさんへは購入後も面倒を見てもらえるので、家を購入した年の確定申告の用紙もチェックしてもらえたんですよ!
そういう手厚い制度もいいなと思いました。

 

私が実際に足を運んだ不動産屋さんは上記の2社でした。

プロフィールにも書いていますが、私、建築一族のもとに生まれ育っているので、小さい頃から建築関係の親族たちに「不動産屋さんは「善人」か「悪人」しかいないから気をつけろ」と言われて育ったんですよ。どんな育ち方w

でもこの2社はどちらも「善い」不動産屋さんだったな~と個人的に思いますので、もしこれから家探しをされる方は、よかったら頭に入れておいていただけるといいかな~なんて思います^^

 

今回の記事はこれにて以上です!

本日も最後までお読みくださいましてありがとうございました♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です