▶出産準備・子育てグッズのおススメまとめ◎

マイホーム購入時の不安や解消法、購入得ワザなど色々書いていこうと思います

素敵なマイホーム2

こんにちは!ひぃやです。

 

今回は前々からずっと書きたいと思っていたマイホームのことについて書いていきたいと思います。

我が家はマイホーム購入を意識しだしてから、実に3年の時を経て(といっても途中妊娠・出産・育児のお休み期間もありましたが)その間2社の不動産会社にお世話になりながら、最終的に希望した土地(埼玉県内の都内寄り)新築一戸建ての分譲住宅を約1年前に購入しました。

頭金0の35年ローンで契約しましたが、夫(購入時32歳)が定年退職する時(60歳)には完済の目途もたっています。(といっても将来のことなので絶対とは言えませんが、それでもちゃんと計算して考えてのことなので大丈夫だろうと踏んでいます)

マイホームを購入して1年が経ちますが、この1年間を振り返って思うのが

マイホームまじで最高!!

ということ。

選んだ土地は治安が良く、ほどよく自然もあるので子育てに最高ですし、徒歩5分以内にスーパー、ドラッグストア、コンビニがあるので日常生活には何も困らず、また以前の賃貸に比べてだいぶ広くなったことで解放感もあふれています。新築なのでとにかく綺麗で住み心地も最高ですし、駐車場もついているので車も購入しちゃいまして、そのおかげで休日は遠い場所へぴゅーんと家族で遊びにいっています(^▽^)bとにかくマイホーム最高です!

 

そんな我が家もマイホームを購入するまでは、私と夫の家に求める条件の違い手持ちの貯金でお金が足りるのか購入までの流れがどんな感じなのか不動産屋に騙されるんじゃないか(笑)など分からないことだらけで不安に思うことが多々ありました。

それを1つずつ解決して購入に至ったので、それまでに経験したことやこうすればもっとお得に買えたな~!と感じたことなども発信したいと思っています。

 

私がこれから記事にして紹介したいと思っているのは主に以下のことです。

・マイホームの購入を考え、動き始めた理由

・購入するなら一戸建てorマンション、新築or中古のどちらが良いのか

・マイホーム購入時に譲れなかった条件や、我が家が買える家の相場をどうやって導いたか

・購入時の契約の流れや契約時にかかったお金のこと

・マイホーム購入にはお得に買える期間が存在した!

・実際に新築一戸建てを購入して感じたメリット・デメリット

マイホーム購入に向けて動き出した経緯や気になるお金のこと、住んで実感したことなど出来る限りお伝えしたいと思っています。

子育て記事も交えながら、上のマイホームネタを何回かに分けながら書いていく予定です。

もしこれからマイホームの購入を前向きに考えている方や、動き出したいけれどなかなか一歩が踏み出せない方子供が小さいうちに家探しをするのが不安、、家に興味はあるけれど不動産屋にゴリゴリ営業掛けられるんじゃないかと不安、という方がいたら少しは背中を押せるかもしれません(笑)

なので子育て世代の方々でマイホームを意識しだした方たちにとって参考になったらいいなと思っています。

 

今日はこれだけで記事をおしまいにするのはなんだかもったいないので、子育て世代のマイホーム購入時に考えるであろう「子どもが小さいうちに家探しをするのが不安」という方に向けて我が家の体験談を伝えたいと思います。

子どもが小さいうちに家探しをするのは無理?

結論から伝えますと、子どもが小さいうち(0歳時、首座り後~)に家探しは全然余裕でできます!

 

我が家がマイホームを意識して実際に動いた期間は3回ありまして。

《1回目》結婚してすぐ

《2回目》長男を妊娠時

《3回目》長男が生後3か月の時

でした。

 

《1回目》の時にはただ漠然とマイホームについて知りたいという気持ちが強かったため、具体的な購入予想図は立てていませんでした。

1社目の不動産会社へ出向き何件か家を内覧していくうちに、見れば見るほど本当に欲しい家が何なのかわからないことになっている自分に気付き、これではいけないと思いマイホーム活動を一旦終了。その後夫婦で話し合いを重ね、無理のない購入金額と購入する家に対して譲れない条件を明確にすることができました。

 

《2回目》の時にはインターネットで検索して見つけた、別の不動産仲介会社へ登録し営業さんとお話をするも、出産を控えているので出産後にまた世話になりたい旨を伝え、《2回目》のマイホーム活動は終了。

 

具体的な条件をしっかりと持って挑んだ《3回目》。この時息子は生後3か月でしたが、このタイミングで家を購入することを決意。

《3回目》の主なマイホーム活動は、

・不動産会社の打ち合わせスペースでマイホームの条件を伝え、条件に見合った物件を紹介してもらうこと

・FP(ファイナンシャルプランナー)とマイホーム購入資金の相談や今後のお金のやりくりを相談

・営業さんの車で物件内覧

・契約

という感じで、移動先は不動産会社の打ち合わせスペース営業さんの車内内覧する物件の3か所だったんですが、どこも生後間もない子どもを連れて動くのにそんなに苦労しませんでした。
(おまけに営業さんは毎度自宅から移動先まで送迎してくれました)

 

特に苦労しなかった理由は下記のとおりです。

★打ち合わせスペースに

・キッズコーナー有り

・おむつ交換台有り

・授乳室有り(私が伺った時には改装時期だった為使用できず) だったこと。

★移動する営業さんの車には毎度会社で用意しているチャイルドシートを付けてもらえる

★子どもの生活リズムに合わせて1回の打ち合わせや内覧は2時間程度にしてくれた

このため、赤ちゃんがいても快適に過ごせました。

また、赤ちゃんや子連れファミリーが沢山いたので、打ち合わせ中にちょっと息子が泣いても全然周りも気にしていない雰囲気だったのもありがたかったです。

こうした施設の有無や車にチャイルドシートが付いているか、また子どもの生活リズムに合わせて1回の打ち合わせは2時間程度を目安にしてほしいことは事前に営業さんに電話で確認・お願いしていました。

「小さな子供がいるので、、」という言葉だけでは営業さんも想像できない範疇のこともあるかもしれないので、お願いしたいことや知っておきたいこと、知ってもらいたいことは事前に具体的にお伝えしておくと、小さい子連れでもスムーズに家探しが進められます^^

また、息子が生後3か月~6か月の頃だったので、内覧する時や打ち合わせ時にはほとんど抱っこ紐の中に息子を入れて移動なり打ち合わせなりしていたので楽でした。(笑)

むしろ小さいうちだったので抱っこ紐の中で大人しくしてくれていたし丁度良かったのかもと思います。

あとうちの子は抱っこ紐大好き、チャイルドシート大好きな子だったのでそれも良かったのかもなぁ~。

そんな感じでこんな私でも子どもが小さいうちからガンガン家探し&購入ができたので、赤ちゃん連れのマイホーム購入は案外可能です!^^

 

ちなみに私の友人は妊娠中からガンガン土地探しをし、産後間もなくから建設会社を打ち合わせを繰り返し、子どもが1歳になるころにはすごく立派な注文住宅を建てて引っ越していました(笑)。すごすぎる。パワーがあれば妊娠~産後まもない期間で家を建てることも可能だそうです!いや、ほんとすごいわ。

 

ということで今回の記事は以上です!

次は我が家がマイホームの購入を本気で考え始めた理由や、こんな人はマイホーム購入に向かないかも??という内容で書きたいと思います!どうぞお付き合いくださいm(__)m

最後までお読みいただきましてありがとうございました♡

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です