▶出産準備・子育てグッズのおススメまとめ◎

幼児のノロウイルス対策①100均とドラッグストアのものだけで対策準備してみた

 

こんにちは!ブログ「ままはぴー」管理人のひぃやです。

 

母になり子どもが1歳になってからブログやSNSで目にする頻度が増えた「ノロウイルス」とその対策。

 

ノロウイルスといえば「猛烈な吐き気と下痢」に襲われ、しかも

\\「アルコール」じゃ消毒できない?!//

\\一人感染したら家族全滅?!//

 

と、とにかく強烈な印象を受けるその感染者たちの悲痛な叫び。

 

それらを目の当たりにし、私も母として妻として家族の為に戦うべく(っていうとかっこいいw)「ノロウイルス対策」に乗り出しました!!

 

もし自分の子どもがノロウイルスに感染した時に

■ノロウイルスの症状

■子どもがかかってしまった時の対応

■汚物の処理方法

を理解し、さらに

■対策グッズを備えておく

ということを準備をしておけば、何も知らないでその場で対応するよりもずっと、親として冷静に対応できますよね^^b

 

なので今回はこの4点について2記事に分けて書いていきます。

 

まずこの最初の記事ではズバリ!

ノロウイルス対策として揃えた準備品

を紹介していきます。

 

実はノロ対策の準備品、すべて100円均一と近所のドラッグストアで揃えました!^^

 

なので

・100円ショップで揃えた商品はなにか

・ドラッグストアで揃えた商品はなにか

・それぞれどのような用途で使用するのか

などを分かりやすく書いてゆきます!

 

読んでいただければ

「あ、こんな簡単に準備できるんだ!」

と理解してもらえると思います。

 

これから準備に取り掛かる方は読んでみてくださいね^^

 

 

次の記事では「ノロウイルス」の症状や掛かってしまった時の対応、親の心構えや掃除方法についても説明しています。
「幼児のノロウイルスについて②理解してみた《症状・かかってしまった時の対応・親の心構え・掃除方法》」

 

100均とドラッグストアで揃えられる!ノロウイルス対策の準備品はこれだ!

 

私が揃えた「ノロウイルス対策準備品」を紹介します!!

 

これすべて、100円ショップと近所のドラッグストアで揃えたんですよ~!!

 

揃えたものを書き出すと以下の通りです。

 

\ノロウイルス対策準備品一覧/

~★100円ショップで揃えたもの★~

☑使い捨てエプロン

☑マスク

☑使い捨て手袋(ロングタイプ)

☑ペーパータオル

☑うがいうけ

☑スリッパ

☑ゴミ袋

☑ビニール袋

☑蓋つきゴミ箱

 

~★ドラッグストアで揃えたもの★~

☑ノロキラーS

☑ペットシーツ(無香料)

 

 

100円ショップで揃えたノロウイルス対策準備品

ノロキラーSとペットシーツを除いたすべてが100円ショップのものです!!

 

もう少し詳しくお話すると「ふた付きごみ箱」はセリアで、それ以外はすべてダイソーで揃えました!!

 

最初に行ったダイソーには「うがいうけ」と「使い捨てエプロン」がなかったので、この2点は後日別のダイソーで手に入れました。

 

介護用品が品薄のダイソー店舗にはないかも。。!!

 

店内を色々回って手に入れるのが面倒という方は、サラヤから「汚物の処理セット」なるものがでているのでこちらをゲットしちゃえば、ある程度あっという間に揃います(笑)。

 

 

★使用用途について★

 

使用用途ですが、

★うがい受けは子どもの嘔吐物をキャッチ

★それ以外は嘔吐物や下痢などの汚物や、嘔吐した部屋・トイレ・衣類などを掃除する

目的で使用します。

 

清掃方法については次の記事で説明しています。
「幼児のノロウイルスについて②理解してみた《症状・かかってしまった時の対応・親の心構え・掃除方法》」

 

ドラッグストアで揃えたノロウイルス対策準備品

 

ドラッグストアで集めたのはノロキラーSとペットシーツの2点です。

 

★使用用途について★

 

まずはノロキラーSですが

除菌・汚物の清掃

に使用します。

 

 

ノロキラーSはこちらの商品を購入しました。

 

厚生労働省によるとノロウイルスを完全に失活化する方法としては、

次亜塩素酸ナトリウム

または

加熱

で処理することが大切だそうなんですね。

 

 

「ノロキラーS」は原材料が「次亜塩素酸ナトリウム(食品添加物)、水」となっており、次亜塩素酸ナトリウム有効塩素濃度は充填時200ppm。

これは、厚生労働省がノロウイルスの消毒に推奨している濃度ということ。

※ノロキラーSのサイト(Q&Aコーナー)に書いてあります。

 

本当は家庭用の「キッチンハイター」を水で薄めて作る方が手に入りやすく、経済的にも良いそうなんですが、薄める工程が面倒で、、、^^;

こちらを購入しちゃいました。

 

消毒や掃除の大半は「ノロキラーS」で十分そうです。

 

 

ただし厚生労働省のHPをのぞいてみると、ノロウイルスの処理に関して汚物を処理したペーパーやおむつなどの破棄するものや衣類に関しては、次亜塩素酸ナトリウムを1000ppmで希釈したもので漬け込むことが望ましいとも書かれている。。。

(詳しく知りたい方は厚生労働省の「ノロウイルスに関するQ&A」を見てください。→こちら(Q20に書かれています)

 

 

なので実際に掛かってしまったらキッチンハイターも登場させることになりそう。

 

我が家はキッチンハイターはないですが、息子が0歳の時から哺乳瓶やマグ、その他食事類の消毒で「ピジョンの哺乳びん除菌料」を使っています。

こちらも原材料に「次亜塩素酸ナトリウム」 が入っているので、いざというときにはこれを使いたいと思います!!

 

 

続いてペットシーツですが、こちらは

子どもが寝るときのシーツの代用

子どもが下痢をした時のおむつ替え時にお尻に敷く

として使用する予定です。

 

ペットシーツは吸水力があり、なおかつ防水加工もされているので、嘔吐や下痢をペットシーツの上ですれば床や布団を汚さずに済みます。

 

使用後はそのまま捨ててしまえばよいので掃除が楽になるアイテムなんです^^!

 

ペットシーツの後ろをテープでとめて大判にすると子どもが寝る時のシーツの代用に。

 

おむつ替え時には、おむつ替えシートの代わりに子どもの尻の下にひけば下痢処理対策にも^^b

 

子どもの為にはこの2点を目的に使用と思っていますが、ペットシーツはカーペットや布団、カーテンなどの加熱消毒にも使用すると便利なものだそうなので、加熱消毒が必要なものがあったらそちらにも使っていきたいと思っています。

 

 

 

私が「ノロウイルス対策」で準備したことと、その使用用途についての説明は以上です。

 

次の記事では「ノロウイルス」の症状や掛かってしまった時の対応、親の心構えや掃除方法についても説明しているので併せてどうぞ^^
「幼児のノロウイルスについて②理解してみた《症状・かかってしまった時の対応・親の心構え・掃除方法》」

 

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です