▶出産準備・子育てグッズのおススメまとめ◎

《乳幼児の防災対策》避難時・在宅避難時にそれぞれ備えておくものを紹介

防災グッズ

 

こんにちは!ブログ「ままはぴー」管理人のひぃやです。

 

今回の記事では「乳幼児の防災対策」を書いています。

 

もしも災害が起きた際

 

  • 避難するときに持っていく準備するもの一覧
  • 自宅避難となった時のために普段の生活から心得ておく備え方
  • 管理人が実際に備えているおすすめの防災グッズ

 

などを書きました。

 

 

「備えあれば患いなし」とはいいますが、あれもこれもと準備をするととても大変です。

 

なので実際に私が行った効率よく準備する方法も書いてみました。

もしよければ参考程度に読んでみてください。

 

 

 

乳幼児の防災対策

 

避難時の持ち出し用に準備しておくべきもの

普段持ち歩いているもの

まずは普段持ち歩いているものから挙げていきます。

・母子手帳・保険証

・貴重品

・おむつ

・おしりふき

・着替え

・授乳ケープ

・ミルクセット(粉ミルクや哺乳瓶)

・おやつ

・飲み物(水やお茶)

・ハンドタオル

・抱っこ紐

→非難する時には抱っこして非難するようにしましょう。抱っこ紐は荷物にならないよう、スリングなどのかさばらないものがおすすめです。

・おもちゃ

→いつも使用しているおもちゃを持っていれば、お子さんの心のケアにもつながります。

 

防災グッズとして必要なもの

続けて防災グッズとして必要なものです。

大人の防災セットにプラスしましょう。

・レジ袋

→いざというときにおむつカバーやおむつの代わりとして使用できます。

・ホイッスル・防犯ブザー

→非難時に閉じ込められてしまった際に使用できるよう、必ず身に着けるようにしましょう。

・離乳食・非常食

・子供用スプーン、コップ

・キッチン用ラップ

→お皿の上に敷いて使えば、洗う必要がなくなります。

・水(1人1日3L)

・防災頭巾・ヘルメット・帽子など頭を守るもの

・バスタオル・タオル

・常備薬

・マスク

→避難所での感染病予防のために着用をおすすめします。

・歯ブラシ

 

効率的な準備方法

今回は乳幼児の防災に必要なものを記載していますが、大人の防災グッズの準備はお済みですか??

 

大人の防災準備が済んでいない方は、まず大人用の防災に必要なものを準備しましょう。

 

 

1つ1つ揃えようとすると、時間も手間もかかります。

 

 

今はネットで防災に必要なものが一式揃ったセットが多数販売していますので、そちらを購入するのがオススメです。

大人の防災セットが準備できたら、子供の防災セットをプラスで準備するのが効率的です。

 

私は防災防犯ダイレクト 楽天市場店」で購入した防災セットにプラスして、主に100円ショップなどで揃えた子どもの防災に必要なものを入れています。

 

 

避難所の確認

自宅にいた時に被災した場合、避難所がどこなのかはご存知ですか?

 

被災した場合、近くの避難所で生活することになります。

自宅付近の避難所がどこなのか、あらかじめ確認しておきましょう。

 

 

在宅避難となった時の備えはありますか??

災害時、自宅から避難場所へ移動する手段の他に「在宅避難」という自宅から外に出ずに避難しておくという場合もあります。

 

そうした時のためには、日々自宅で使っているものを少し多めに備えておくことで、災害時に自宅で当面の間生活できます。

 

 

具体的には食べ物や日用品、おむつやミルク、常備薬などをはじめに少し多めに購入しておき、賞味期限の近いものから順に日常生活で消費し、消費した分だけを補充していくという備え方です。このような考え方を「ローリングストック」というそうです。

 

九都県市首脳会議 九都県市防災・危機管理対策委員会HPより参照
http://www.9tokenshi-bousai.jp/stock/rollingstock.html

 

主な備蓄品例としては以下が挙げられます。

★食品★

□水(飲料用・調理用等)
□無洗米、レトルトご飯、乾麺
□カンパン・クラッカー、インスタント食品
□缶詰(肉・魚・果物等)
□レトルト食品
□野菜ジュース
□ペットボトル入り清涼飲料水
□チーズ、かまぼこ等
□菓子類
□栄養補助食品、健康飲料粉末
□調味料

★日用品★

□大小ビニール袋
□救急箱
□包装ラップ
□ティッシュペーパー
□トイレットペーパー
□ウェットティッシュ
□メガネ、使い捨てコンタクトレンズ
□使い捨てカイロ
□ライター
□常備薬
□乾電池
□毛布
□寝袋
□洗面用具
□ポリ容器
□なべ
□やかん
□バケツ
□ろうそく
□さらし
□ロープ
□新聞紙
□ビニールシート
□ガムテープ(布製)

★女性★

□生理用品

★乳幼児★

□粉ミルク(アレルギー対応等)
□離乳食(アレルギー対応等)
□おしりふき
□おむつ
※食事に配慮が必要な方がいる場合は、必要に応じた品目を備えておきましょう。

★高齢者★

□おかゆ等柔かい食品
□補聴器用電池
□入歯洗浄剤
※食事に配慮が必要な方がいる場合は、必要に応じた品目を備えておきましょう。

 

九都県市首脳会議 九都県市防災・危機管理対策委員会HPより参照
http://www.9tokenshi-bousai.jp/stock/stocklist.html

 

その他、各々の家庭で必要だと思うものは多めに備えておくようにしましょう。

今回こちらの在宅避難に関しての記事は、九都県市HPを参考にしました。

 

最後に

防災について準備をすることや見直しをすることは、面倒に思ることですが、日本に住んでいたら地震とはこれから死ぬまで真剣に向き合わなければいけないことだと思います。

 

一度用意しておけば、これから先は見直しや入れ替えをするだけで済むので、まだ準備が済んでいない方は、この機会にぜひ準備しましょう!

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です