《生後10か月~遊べる》手作りおもちゃ2点を公開!作る手順一覧と息子の反応は?

手作りおもちゃ

こんにちは!ブログ「ままはぴー」管理人のひぃやです。

 

先日、初めて手作りおもちゃを作りました~!!

 

今までママ友のお宅でママ特製のおもちゃを見つけた時に、子どものためにおもちゃを手作りするなんて、なんて素晴らしいママなんだろう!!と思っていたんです。

それと同時に、私は不器用だし、子どもが遊んでくれなかったら地味に傷つくしなー。。と思って作っていなかったんですね。

 

それが、なぜ作るきっかけになったかというと、近場にできた子育て広場の手作りおもちゃが息子、大大大好きでして!

 

その子育て広場っていうのが最近できたところで、広場内は広いし遊具は沢山あるし、おもちゃなんてボーネルンドやK’sKidsやEdute(エデュテ)なんかの、まぁ~一流の知育おもちゃがばんばんあるところなんです。

 

それなのに息子が一番興味をもって遊ぶのが、そこの乳児コーナーにある保育士さんたちが作った手作りおもちゃ。

 

その姿をみて、知育おもちゃを買って与えるのが一番良いと思っていたけれど、そうではない!!ということに気づいたんです。

 

しかも、その子育て広場にある手作りおもちゃが子どものワクワク心をくすぐるというか、知育の面でもとても良く考えられて作られたものだったので、今回真似して作ってみました。

準備するものも作業内容も、不器用な私でも出来たものだったので、ご紹介します!!

 

作るのは、「ペットボトルのフリフリタワー」「簡単マラカス(とその応用編)」です。

 

 

 

 

 

コロコロマラカスは容器をプラスして、マラカス入れとして指先を使った練習あそびにも応用できちゃいます!

 

では、おもちゃ作りいってみましょー!!

 

乳幼児向けのおもちゃを作ろう!!

 

材料

まずは用意するものです。

 

 

★ペットボトル(大きさ問わず) 1つ

大きいものでも小さいものでも大丈夫です。

大きい方が作りやすいので、私は大きいペットボトル容器を使いました。

★ペットボトルの蓋 8個~適量

★ビー玉やパールなど丸状のもの、ビーズ 大小さまざまなものを適量

コロコロコースターの中に入れたり、マスカラの中に入れるものとして使用します。

私は以前アクセサリー作りに凝っていた時のパールがあったので、それを使用しました。

★厚紙

★ハサミ、カッター

★ビニールテープ

 

以上です。

家にあるものや、家になくても100円均一に行けば揃うもので作れちゃいます!

 

それでは、準備ができたところで続いて作り方の手順を紹介します。

 

ペットボトルのフリフリタワー 作り方

★対象年齢 生後10か月~

★作業時間:約30分

 

①まず、ペットボトルの蓋をしめて、蓋の部分が外れないようビニールテープでしっかりと固定します。

 

 

②続けてカッターやハサミをつかって、ペットボトルを3等分に切ります。

 

 

③その次は、写真のように厚紙にペットボトルの切り口部分と中に入れる玉が入るサイズを書きます。

玉は、1つの段に2つ穴を作ると動きが出てより楽しめるのでおすすめです!

 

 

④厚紙に書いたペットボトルの切り口と、玉の通る穴部分を切ります。

ペットボトルの切り口部分は、実際の切り口よりも気持ち小さめに切ることをお勧めします。

大きめに切ると、その後ペットボトルと接合する時に大変です(私が失敗しました;;笑)

 

 

⑤切った厚紙をペットボトルの切り口部分にビニールテープで接合します。

これが一番大変でした。。

上述しましたが、厚紙をペットボトルの切り口よりも大きめに切ってしまったので、うまく接合してくれなくて;;

厚紙を切りなおして、それでも少し大きかったので、ぎゅうぎゅうにつめて貼り付けました(雑w)。

 

 

⑥玉を入れて、ペットボトルをすべて接合したら、完成です!!

接合部分は外れることのないように、ビニールテープでぐるぐる巻きにしてしっかり固定してください。

 

さてさて、では息子の反応は??

息子の反応

ペットボトルを上下さかさまにして、玉が移動するのを楽しんでくれました!!

一生懸命作ったもので遊んでくれると嬉しい~!!!

 

マラカス 作り方

★対象年齢 生後10か月~

★作業時間 5~10分

 

続いてはマラカスの作り方です!

作り方なんて書かなくても良いほどに簡単です!!(笑)

 

①ペットボトルの蓋を2つ用意し、片方に小さなビーズを入れます。

ちなみにビーズでなくても小さくて音がなるものならお米でも何でもOKです。

 

 

②ペットボトルの蓋同士をビニールテープで接合する。

 

できあがり~!!超簡単です!!

 

 

息子の反応

 

息子に手渡すやいなや、楽しそうにフリフリし始めました~♪♪

もちろん口にも入れて確かめます(笑)。

ガッツリ口に運んでいますが(笑)、この大きさなら誤飲の心配はなさそうです^^

 

そして、こどもちゃれんじの先行お届けサービスでもらった「くるくるバースデーケーキ」にも入れて遊び始めました!

 

なるほどねー!その遊びは私も思いつかなかったな~!!

いちごちゃんの代用ってわけね!!

 

 

マラカス応用編 マラカス入れで指先を使った練習あそびをしよう

 

おうちに眠っていた、こ~んな箱を用意しました!

 

 

蓋のサイド部分はいらないので切り外して、切った部分はテープで保護します。

 

蓋部分にマスカラを置き、マスカラより少し大きめの六角形に切ります。

 

切った部分はテープで保護をします。

 

イメージとしては、マラカスを穴の上に乗せて、軽く指で押すマラカスが下に落ちるくらいの余裕を作ってください。

 

最後にふたの部分にこのようにテープを付けて、テープを付けたり剥がしたりしやすくします。

 

これでマラカス入れは完成です!!

これ、私は箱で作りましたが、本当は箱よりもプラスチックの蓋つきの容器の方がおすすめです。

例えば海苔が入った容器とか。

プラスチックな方が頑丈ですし、蓋の開け閉めも簡単ですので、もしプラスチックの蓋つき容器がある方は、そちらで作ることをお勧めします。

 

では、これを息子に渡してみます!!

息子の反応

息子、マラカスを続々と穴の中へ入れていきます。

これが簡単そうで難しいんです。

マラカスの形が横向きになっていたり、ななめになっていると入らないので、しっかり上向きにしないといけません。

そのために指を使ってマラカスの向きを調整し、入れているので、指先を使う良い練習になります!

そういえば、私の友人が「小さい頃は指先を使うと脳を刺激するから頭の良い子になる!」なんて言っていました。

幼児教室でも乳児幼児の指導内容に指先遊びを熱心に取り入れる所をよく見かけます。

幼児教育に熱心な別の友人も、「乳幼児の頃はとにかく指先を使う知育ばかりさせてた~!」と言っていましたし、確かにそのお子さんはスプーンやフォークを1歳3か月で使いこなす器用っぷりを以前私に見せてくれました。

指先を使う練習に、このおもちゃはとっても使えますよー!!

ということで、息子、ママと毎日これで遊ぼう!!(笑)

 

すべてマラカスを入れた後は、容器をもってふりふり。ガラガラ鳴る音を楽しんでいました^^

 

息子が楽しんでくれて何よりです。

お粗末様でした♡

 

《2018.8追記》箱をより頑丈なものに変えて大成功!

マラカス入れの箱なんですが、始めは楽しく使えたんです。

でも息子にとっては楽しすぎたようで1週間もしないうちに箱がベコベコになってしまいまして。。(^^;)

という訳で、海苔の入っていたプラスチックの容器で作りなおしました!!

こーんな海苔が入っていた容器なら頑丈だし、工作する部分は穴をあける部分のみで済むし、子供が自分で蓋を開け閉めしてくれるので1人遊びにも使えます!

沢山入れて遊べるように、マラカスもさらに沢山作りましたよー♪♪

 

息子、次から次へとぽんぽん入れて遊びます。いいぞいいぞ~!!

これから作る方には、断然こちらのプラスチックの容器で作ることをお勧めします!!

 

以上です。
本日もお読みいただきましてありがとうございました♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です